絶対的信頼のもとに・・・。

主人の一馬と申します。
当館では、地元南知多町の食材を極力使い、新鮮さにこだわってお料理をお出ししております。
同級生や知り合いの漁師さんからふぐ、たこ、あなご、その他自慢の魚介類など…
仕入れも永年付き合いのある、目利きのしっかりした仲買さんにお願いしているので、新鮮で美味しい魚介類でおもてなしさせていただきます。
昔ながらの活魚料理のほか、当館でしか味わえない創作料理も日々、お客様にお喜びいただくため色々こしらえております。
ぜひ目で、舌で南知多の美味しいをぜひ、ご堪能下さいませ。

美味しいもの、取り揃えました。

たくさん食べる人にとってはちょっと物足りなく感じるかもしれません。一馬屋は量で勝負の宿ではありません。
最初の一箸から箸を置くまで美味しかったと言っていただきたいから・・・。
旅を終えてしばらく経った頃、『一馬屋で食べた、季節の〇〇や〇〇もう一度食べたいね!』と、お連れ様と思い出していただけるように 。。。
美味しかったものは時間が流れても記憶の片隅に残っているもの。。。そういう料理を創ることが板前の腕の見せどころ!
そんなお料理を常に考えています。

カウンター越しに、「ハイ、どうぞー!!」

常連のお客様、食通のお客様は必ずカウンターにお越しになります。
店主一馬は口下手ではありますが、お客様に美味しいと目の前で言っていただけると素直に嬉しいのです。
その日に店主がほれ込んだ食材を目の前で食すことがご宿泊ならではの魅力です。
何が出るかはその日次第。漁次第。
目の前で繰り広げられる、活きた魚介と料理人の腕。
その二つが相まって出てくるひと品ひと品は、すべてに自信をもってお出しする逸品です。

夏が旬の名物地穴子料理

三河湾の夏の味覚である新鮮な地元天然の穴子を、「食べる人のお宿」ならではの趣向を凝らした食べ方で。
「新鮮な海の幸をストレートで味わう」よりも、「新鮮な海の幸だからこそ、美味しくなる料理」をご提供します。
”料理人としての腕×最高の食材”これがお客様の笑顔となります。
夏は長い魚が旬です。鱧(はも)のお料理もお問い合わせください

知多半島 冬の味覚 河豚

知多半島では、河豚料理が冬を賑やかします。厳選したとらふぐを中心に、趣向を凝らしたお料理をお楽しみいただけます。
中でも、一馬屋オリジナルの白子フライ(※白子が取れる時期のみのご提供)は、食べたことのない味わいに感動していただけるのではないかと思います。

隠れた美味しいメニュー

決してて主役ではなくても、美味しい存在感を持つ脇役がいっぱいいます。
ちょっとした工夫で、輝く脇役に・・・。
刺身の味を際立たせる溜りや煮魚に使う溜りも地元唯一の【徳吉醸造】に特別に造らせた逸品。
漬物にする野菜も地元の個人農家から直接仕入れています。

朝食も、一馬屋流・・・。

朝ごはんは、一日のエネルギーの源。
当館お泊りの〆のご朝食。一馬屋流でどうぞ。

Share on Facebook
LINEで送る
Share on LinkedIn